서울국제포럼 The Seoul Forum for International Affairs(SFIA)

일문/JPN

[外交安保 · 政治] [홍규덕 회원] ウクライナ侵攻 対岸の火事であってはならない (東アジア論 2022.03.01)
Date: 2022-03-01

東アジア論 | [ホンギュドク]  ウクライナ侵攻 対岸の火事であってはならない

 

2022.03.01

 

ロ、ハイブリッド戦争で揺さぶった後攻撃

北、バイデン武力反撃がないことに注目すること

同盟徹底して、世論・サイバー戦対比すべき

 

ウラジミール・プーチン・ロシア大統領がウクライナに対する侵攻に続き、追加兵力を送り今回の事態が2022年最大の国際危機に迫っている。ウクライナが抗戦意志を高めているが今後の状況は不透明だ。これに先立ち、ジョー・バイデン米大統領の生半可な軍事的不介入宣言と北大西洋条約機構(NATO)所属国らの意志不足が今回の事態を育む触媒の役割をした。一言でアメリカと西ヨーロッパの対ロ抑制失敗だ。

 

韓国政府はスポークスマンの声明を通じてロシアの武力侵攻を糾弾し、国際社会の制裁に参加することに決めた。事態が長期化する場合経済的損失を避けにくい。政府は関係省庁を中心に在住者安全対策を立て、経済に及ぼす否定的な影響を減らすよう努めなければならない。原油輸入世界5位の韓国の立場で、事態の長期化は未来成長動力を沈める「パーフェクトストーム」になりえる。米国とのエネルギー同盟強化はもちろん、オーストラリア、カタールなどエネルギー強国と戦略的協力関係を拡大しなければならない。

 

今回のウクライナの事態は「ハイブリッド戦争」と「灰色地帯戦略」の重要性を改めて目覚めさせてくれている。ロシアは侵攻前の各種黒色宣伝と世論操作、偽ニュースを広げ、各種サイバー攻撃でウクライナを揺さぶりながらハイブリッド戦を展開した。相手が軍事的行動をするには曖昧に接境地域訓練を言い訳にして軍隊を前進配置させる灰色地帯戦略も使った。だから軍事力を直接使わないだろうという予測を一気にひっくり返した。既存の軍事的な固定観念を逆利用したのだ。

 

ウクライナの事態は私たちにとって対岸の火事であってはならない。韓国と隣接する中国と北朝鮮は、米国と国際社会が今回の事態をどのように対応するかを綿密に観察しているだろう。バイデン大統領は11月の中間選挙を控えた時点で第2のアフガニスタンを作る余裕がない。アフガニスタンの首都カブールの陥落に続いてリーダーシップに大きな打撃を受けることができ、国際秩序の変更を試みる国家の挑戦はさらに激しくなる可能性が高い。

 

北朝鮮はウクライナの事態でどの部門に注目するのだろうか?米国がロシアに対して強力な制裁を発動し、ポーランドとドイツに追加兵力を配置し、アパッチヘリコプター部隊を迅速に派兵する一連の過程を注目するだろう。何よりもバイデン政権がロシアの軍事的奇襲占拠を武力で反撃したり、退治できないという事実に注目する可能性が大きい。ロシアが相手領土を奇襲占領した後、軍事的圧力を解く代わりに、より多くの譲歩を米国に強制できる可能性に魅了されることができる。

 

もちろん朝鮮半島の状況は東ヨーロッパとは異なる。しかしウクライナの事態は未来の国防革新を準備する次期政府に多くの示唆点を与える。まず、平和だけを強調した相手がいつでも武力を先制的に行使できる。第二に、米国が軍事的介入を躊躇する場合、危機を招く可能性がある。これに力の空白が生じないように徹底した同盟管理と協力が必要だ。また、奇襲攻撃に対処できる相殺戦力を育てなければならない。

 

第三に、ハイブリッド戦の核心は国論分裂である。核とミサイルの高度化が国民不安につながらないよう、世論戦、心理戦に対する徹底した対応が必要だ。第四に、デジタル基盤社会に衝撃を与えることができるサイバーハッキングに備えなければならない。半導体のような主力産業や地下鉄、原発などの国家主要施設に対するセキュリティ強化が切実である。軍と国家情報院、政府省庁、公共機関と民間企業を連携する融合セキュリティが強化されなければならない。また、これを管理するコントロールタワーの構築も必要である。特に、新技術分野とサプライチェーン管理のための同盟間の協力が米日水準にまで大幅に強化されなければならない。F-35Aのような最先端の装備も内蔵されたソフトウェアの防護力量がなければ無用だ。最後に、募兵制導入と部隊の削減が及ぼす否定的な結果も綿密に見てみなければならない。ウクライナ軍の改革は戦闘力の損失につながった。 NATO編入と米国の助けを借りてロシアの脅威を退けると固く信じていたが誤判だった。

 

東アジアと朝鮮半島でもハイブリッド戦争と灰色地帯戦略はいつでも召喚できる。古代ローマの軍事戦略家ベゲティウスの名言を繰り返す時だ。 「 Si Vis Pacem, Para Bellum (平和を望むなら戦争を準備せよ)。」力を通した平和だけが答えだ。

 

ホン·ギュドク/ 淑明女子大学政治外交学科教授

 

Source: https://www.donga.com/news/article/all/20220228/112089444/1

Copyrights and Contact details

  • Seoul Forum
  • ADDRESS B1 Fl., Poongsan Bldg., 23 Chungjeong-ro, Seodaemun-gu, Seoul, South Korea, 03737
    TEL. 82-2-779-7383 FAX. 82-2-779-7380 E-Mail. info@seoulforum.or.kr
    개인정보처리방침
    Copyright © 2018 The Seoul Forum for International Affairs. All Rights Reserved.

Display page loading image