서울국제포럼 The Seoul Forum for International Affairs(SFIA)

일문/JPN

[外交安保 · 政治] [김병연 회원] ウクライナの悲劇と朝鮮半島 (中央日報, 2022.03.02)
Date: 2022-03-02

中央日報 |【中央時評】ウクライナの悲劇と朝鮮半島


2022.03.02

 

国家建設の遅滞が悲劇の始まり

国民所得1989年の半分に過ぎない

長期的な支援に失敗した欧州も責任

自強なしでは朝鮮半島を守ることはできない

 

1994年、筆者はモスクワでクリーム半島の首都シンペロポールへの電車に乗った。一国による朝鮮半島軍事占領は反対するという米ソの了解があったところ、そのために南北分断の原因になったと知られるヤルタに行くためだった。しかし旅行は非常に騒がしくなった。 筆者が乗った寝台列車の同乗者のロシア人、ウクライナ人、ウクライナ国籍のロシア人がクリミア半島の所有権をめぐり論争をしたからだ。さらに隣の車両の乗客までが合流し、筆者も引き込まれた。あなたが客観的位置にあるので、誰が正しいかを判断してもらうということだった。やむ得ず25時間、徹夜しながらクリミア半島、さらにはウクライナの地政学的複雑性を強制的に学ばせられた。

 

 

ヤルタ住民の暮らしは貧困だった。当時ウクライナの一人あたり国民所得は1000ドルで、ソ連末期より40%も減少し、ロシアの半分にはるかに及ばなかった。筆者が泊まった民宿をはじめ、ヤルタ住民家庭には水が一日一時間しか供給されなかった。 韓国式料理だとして辛く和えたニンジンを売っていた女性は月に10ドルで家族全員が食べて生きなければならないと涙を流した。ウクライナ国籍のロシア人乗客がなぜ「クリミア半島をロシア所有に戻すべきだ」と声を高めたのか、その理由が見えた。

 

ウクライナの悲劇は国家建設(nation building)の遅れから始まった。2004年のオレンジ革命が起こした変化は不幸なことにあまりにも遅く始まり、ソ連崩壊からユーロマイダン(欧州広場)革命が起きた2013年までに失われた20年の歪みは深刻だった。腐敗した政治家とエリートがオリガルヒ(寡占企業集団)と結託して市場経済への移行を先延ばしする間、深刻な経済難が社会葛藤と政治不安定につながり、これはまた経済危機を深めた。半面、東欧とバルト3国は迅速な体制移行で経済難を克服し、社会を統合することができた。さらにロシアと比較してもウクライナは資本主義導入の面で大きく遅れた。

 

 

ウクライナは国家建設の核心である経済発展で失敗した。平和な時期にウクライナほど経済が沈没した国家はほとんどない。ソ連末期から10年間、ウクライナの実質国民所得は60%以上減少した。その後回復傾向を見せたが、まだ1989年水準の半分を超える程度だ。ソ連時期の平均家計所得はロシアの85%だったが、今は40%にも満たない。 1989年、ウクライナ人口の22%を占めたロシア人の大半がロシアの統治を望んだはずだった。深刻な経済危機は人口減少につながり、1989年に5200万人だった人口は過去30年間で800万人も減った。ウクライナは国家建設のもう一つの核心である公正な制度の確立にも失敗した。 2010年、欧州復興開発銀行で実施したアンケート調査によると、司法制度を信頼するという人々は10%にとどまり、体制履行国の最下位だった。

 

ウクライナは国家建設の核心である経済の発展で失敗した。平和な時期にウクライナほど経済が沈没した国はほとんどない。ソ連末期から10年間にウクライナの実質国民所得は60%以上も減少した。その後は回復に向かったが、まだ1989年水準の半分を超える程度だ。ソ連時代の平均家計所得はロシアの85%だったが、現在は40%にも達しない。1989年にはウクライナの人口のうち22%を占めるロシア人の大半がロシアの統治を望んだ。深刻な経済危機は人口減少につながり、1989年に5200万人だった人口は30年間で800万人も減った。ウクライナは国家建設のもう一つの核心、公正な制度の確立にも失敗した。2010年に欧州復興開発銀行が実施したアンケート調査によると、司法制度を信頼するという人は10%にすぎず、体制移行国のうち最下位だった。

 

ウクライナは国家建設の核心である経済の発展で失敗した。平和な時期にウクライナほど経済が沈没した国はほとんどない。ソ連末期から10年間にウクライナの実質国民所得は60%以上も減少した。その後は回復に向かったが、まだ1989年水準の半分を超える程度だ。ソ連時代の平均家計所得はロシアの85%だったが、現在は40%にも達しない。1989年にはウクライナの人口のうち22%を占めるロシア人の大半がロシアの統治を望んだ。深刻な経済危機は人口減少につながり、1989年に5200万人だった人口は30年間で800万人も減った。ウクライナは国家建設のもう一つの核心、公正な制度の確立にも失敗した。2010年に欧州復興開発銀行が実施したアンケート調査によると、司法制度を信頼するという人は10%にすぎず、体制移行国のうち最下位だった。

 

西側にも責任がある。ウクライナの地政学的重要性は1990年代初期から指摘されていた。しかし西側はウクライナを長期的な観点で支援するより、徐々に忘れていく方向を選択した。1990年代にロシアの国力が衰退すると、自己満足に陥り、東欧を社会主義の衛星国にしたソ連の戦力を忘却した。1992年から2004年までウクライナに対する1人あたり政府開発援助はポーランドの30%にもならなかった。ウクライナの地政学的負担は重かったが、西側はその負担を減らす隣国にはなれなかった。歴史の終焉という甘い仮説に浸り、歴史の帰還という経験的な法則には目を閉じた。プーチン大統領は経済発展に失敗した孤独なウクライナをロシアの属国程度と考えた。しかし逆説的にプーチン大統領が起こした戦争は、ウクライナ人の国家建設意志に火をつけた。

 

ウクライナ事態は韓国に重要な教訓を与える。韓半島(朝鮮半島)問題は韓国が主導的に解決していかなければならない。強大国は韓半島状況を現状態のまま維持しようとする可能性がある。米中対立が激しくなり、西側とロシアの衝突が進行する現状況ではなおさらだ。しかしこれはウクライナの失われた20年のように後に大きい危機になり得る。また、経済危機を迎えないよう徹底的に対応する必要がある。今は安保を支えるのも経済だ。経済危機は外交力の低下だけでなく安保危機にまで広がりかねない。特に韓半島は世界秩序の再編を目指す権威主義強大国、しかも一国でなく二国と向き合っている。さらに北朝鮮問題までが複雑に絡んでいる。

 

韓国の外交は我々の歴史と魂を込めなければならない。ヤルタの悲劇を経験した我々はウクライナの涙を無視できない。利益だけでなくアイデンティティーを込めた外交をしてこそ、他国の尊敬と友邦の支援を受けることができる。長期的な観点で国益にもなる。韓国はヤルタで議論された以前のコリアではない。しかし経済発展と社会統合で自強ができなければ、この危険な世界で韓半島はまた涙を流すことになるかもしれない。次期大統領にはこの重大な課題が与えられている。

 

 

キムビョンヨン/ソウル大国家未来戦略院長

 

Source: https://www.joongang.co.kr/article/25052191#home

Copyrights and Contact details

  • Seoul Forum
  • ADDRESS B1 Fl., Poongsan Bldg., 23 Chungjeong-ro, Seodaemun-gu, Seoul, South Korea, 03737
    TEL. 82-2-779-7383 FAX. 82-2-779-7380 E-Mail. info@seoulforum.or.kr
    개인정보처리방침
    Copyright © 2018 The Seoul Forum for International Affairs. All Rights Reserved.

Display page loading image